cube改造のための覚え書き

自宅のG4Cube450、発売してすぐに飛びつきはや4年。当初使用していたPerfoma6310からの劇的なスピードアップに感動したものでした。
電源周りの不具合も特になく、MacOSXのPublicBeta版からパンサー(10.3.5)まで幾多のOSアップグレードも乗り越え、今までほぼノーマルで使用し、やった事と言えばせいぜいメモリの増設くらいでした。容量20ギガでやりくりしてきた僕も凄いですが、さすがにハードディスクが圧迫されてきた事に加え、せっかくファンレスなのにハードディスクの騒音が目立ってきたという事もあり、思い腰を上げてここは一発HDの換装をやってみようかなと思い、色々調べてみました。
まぁ、財布のヒモは僕が握っていないので、すぐには出来ないのですが、その時のための覚え書きとして書いておきます。

もちろん流体軸受けのHDにするのですが、候補としてはMaxtorSeagateあたりでしょうか。回転数は5400rpmと7200rpmがありますが、基本的にノーマルなので、7200rpmでも熱問題は大丈夫そうです。OLIOでMaxtor DiamondMax Plus9シリーズをサイレントシークモードにセットアップしてくれるそうなので、第一候補として上げておきます。
換装のために使用するトルクスドライバーは8番と10番があれば良さそうです。ここはケチらずPBを買おうかなと思います。ハンズに売ってるとは思いますが、ネットで買うのであればエイビットで購入しようかなと。
換装の際のデータ移行は、元々の20ギガを使わないのであれば、中の光学ドライブをいったん外し、そこに購入したHDを繋げて移す。使うのであれば、HDケースも一緒に購入し、データ移行後に中身のHDを入れ替える。
Cube関連の改造に関しては、Appleのサイトに動画があったので、これを参照して行うこととする。

今の流れ的にシリアルATAが主流になりつつあるので、店頭から無くなる前に購入しておいた方が良いのかなと思ったのですが、そんなに焦る必要もないようなので、まったりと探す事にします。

ちなみに会社にあるG4のグラフィックボード「GeForce2MX」とCubeの「Rage128」をいつかすり替える計画は秘密です(笑)

この記事についての情報

似た内容の記事

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: http://www.lucky-bag.com/mt/mt-tb.cgi/354

Comments