本当に32倍速?

去年の3月頃に買った、HDDDVDのいわゆるハイブリッドレコーダー「ディーガDMR-E85H」。基本的にHDDに録って見て削除の使い方で、特にDVDに残して置きたい番組なんぞなかったので、今までダビングをした事が皆無だったんですが、初めてダビング機能を使ってみた。

僕の弟が結構マニアで、プロテクト解除する機械だとか、パイオニアの古いDVDプレーヤーのある機種だとプロテクトがゴニョゴニョとか、まぁそんな感じで色々とDVD-RAMにダビッて貰ったものがたまっていた訳です。その中で、いらないものや続編ものが別々になってなりしてたので、それを纏めてしまおうと言う事になりました。分かりやすく例えると、あるRAMのA面にキルビルの1、B面にマトリックスリローデッドが入っていて、別のRAMのA面にマトリックスレボリューション、B面にキルビル2が入っていたとして、マトリックスはもう見ないから、取りあえず消去してキルビルを1枚に纏めちゃおうという事です。(しつこいようですが、あくまでも例えです。こう言ったタイトルは、著作権法の規定により、複製は禁じられています。)

ダビングの速度が32倍速と言うことだったのですが、作業時間を見る限り、どうも3倍くらいにしか思えない。何か勘違いしているのか、気になりながら作業終了。つか、今気づいたんだけど、高速対応のRAMじゃなきゃ駄目って事か?

ちなみに、DVDのコピープロテクション技術はCSSと呼ばれるらしい。

この記事についての情報

似た内容の記事

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: http://www.lucky-bag.com/mt/mt-tb.cgi/267

Comments