contentプロパティの文字化け

Safariで自サイト確認したら、contentで吐き出している2バイトが見事に文字化けしてたんで、慌てて修正。修正前は、content:"【追記 "attr(datetime)" 】";としていたんですが、2バイトの部分をUnicodeの16進数に変換して、バックスラッシュでエスケープした。

ins[datetime]:before {
      content:"\3010\8FFD\8A18 "attr(datetime)" \3011";
      font-size: 80%;
}

と言うか、一応マカーのつもり(笑)だったけど、こんなバグあるの知らなかった…。

この記事についての情報

似た内容の記事

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: http://www.lucky-bag.com/mt/mt-tb.cgi/240

WWW hxxks - Safari と content プロパティ (2005年2月 7日 01:36)

このバグの存在は私も知りませんでした。 そして、 UCS-2 以外の charset では @charsetを明示したとしてもエスケープが必要ということなので、... 続きを読む

Comments