『俺』『僕』『私』

いわゆる一人称としては、『俺』『僕』『私』などがあるわけだけれども、自分の場合、いい歳ぶっこいて『私』ってのがどうにも自然に使えない。私生活の中で多く使うのは『俺』で、そんつぎに多いのが『僕』。会社の上司とか目上に対するときも『私』は使わなくて『僕』や『我々』を使う。さすがにクライアントさんに対するときは、『私』を使うんだけど、まぁ当然たまにボロが出る。

『僕』を使い始めたのは多分20歳前くらいだったか。変な色した髪にエクステンション付けてアホなことやっていた時期だったんだけど、なんか、そんな容姿で『僕』とか使っちゃうのが妙にソフィスティケートされた感じに思えて、つーか今「ソフィスティケート」って言ってみたかっただけなんだけど、凄く古くさく感じる言葉なんだな。まぁそんな感じで今まで来ちゃって、未だに『私』って自分で使うと何となくこそばゆい。

多分これは、自分の精神年齢が低いってのが一番の要因なんだろうけど、いつか『私』っつう一人称を無意識に使える日は来るんだろうか。関係ないけど、『俺』を『おれ』や『オレ』って書いても違和感ないけど、『僕』を『ボク』ってカタカナで書くとなんかキモイ感じがするのは気のせいかしら。

この記事についての情報

似た内容の記事

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: https://www.lucky-bag.com/mt/mt-tb.cgi/165

Comments