更新プログラムをインストールで stop error

自動更新で最新の Windows XP 用の更新プログラム (KB900485) をインストールしたら、普段使用しているパナソニック Y2 が stop error でブート出来なくなった。主なエラー内容は下記のような感じ。

IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
stop: 0x0000000A (0xFFFFFFE8, 0x00000002, 0x00000001, 0x804DB044)

一応、セーフモードでブート出来たんで復元してみたんだけどダメ。ここら辺からちょっと焦りはじめて、ちと本腰いれて調べてみる。管理ツールのイベント ビューアでシステムのログを見てみると、Service Control Manager でエラーが見られ、いくつかデバイスが認識されずにシステム開始ドライバとかが読み込めなくなってるっぽい。ちょっとググってみたら、メモリ関連かも知れないっつう事で、増設している BUFFALO の 512M のメモリを試しに外してみたら、何事もなくブート。ちょwとか思って、気休めにエアー吹いて再度メモリ装着したら普通に復活した。

あとの問題は、1 回復元しちゃってるんで更新プログラムを再度インストールするかどうかなんだけど、どうしよ。

この記事についての情報

似た内容の記事

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: http://www.lucky-bag.com/mt/mt-tb.cgi/34

Comments

arpo said:

はじめまして。
制作サイトが、Mac OS X で画像がみれないという苦情から ぐぐってて、苦情そっちのけで寄り道です*smile*

うちも最近メモリエラーあります。updateと3D program。ハード相性ではない(はず)と信じて(何せ自作だからw)あれこれ検証。うちの場合は、タイミングらしいです。厳密すぎるのも善し悪しかなと。cssも・・・あ、こっちは違いますよねw

css lv5段階、ちょっと受けました*smile* (自分は、 あー・・・2と3と4を足して3で割ったくらいかな)

e-luck said:

どうもです。
ウチもタイミングが悪かっただけなのかもしれません。一応あれ以降は何事もなかったかのように順調ですね。

CSS レベルは、まぁ書いた本人がたいした事ないっすから ;-)