外部CSSの文字コード指定

XHTMLなりHTMLでは、xml宣言やhead内のmeta http-equivで文字コードの指定を行います。CSSに関してもW3Cの仕様書スタイルシートが分離したファイルに存在する場合,利用者エージェントは,次の優先順位を守り,文書の文字符号化を決定しなければならない。と明記してあります。

  1. "Content-Type"フィールドのHTTP"charset"パラメーター
  2. @charsetの@規則
  3. 参照する文書の言語機構。例えば,HTMLの場合は,LINK要素の"charset"属性

基本的に外部CSSファイルが英数字だけの記述の場合や、html文書と同じ文字コードであれば指定の必要はないと言われたりもします。しかし、font-familyでMS Pゴシックやヒラギノ角ゴ Pro W3などと指定する場合もありますし、@charsetを指定しないとネスケ6では誤った解釈をする場合があるようですので、記述しておいた方が良いかと思います。

@charset "shift_jis"; /*shift_jisの場合*/
@charset "euc-jp"; /*euc-jpの場合*/
@charset "utf-8"; /*utf-8の場合*/
@charset "iso-2022-jp"; /*iso-2022-jpの場合*/

上記の宣言をCSSファイルの先頭に記述します。当然の事ながら、html文書内でsytle要素を使用している場合は、htmlの文字コード指定があるので、宣言の記述は必要ありません。

参考にさせて頂いたサイト
CSS Dencitie : 使ったほうがいいかもしれない@charset
4.4 CSS document representation
4.4 CSS 文書表現(上記和訳)

この記事についての情報

似た内容の記事

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: https://www.lucky-bag.com/mt/mt-tb.cgi/311

SEO対策ドットコム - CSS(スタイルシート)の簡素化について: by SEO対策 (2005年5月 7日 11:53)

CSS(スタイルシート)を外部ファイル化されていても HTMLにスタイルシートが... 続きを読む

Comments