2005 年の印象に残っているアーティクル

今年もあと少しで終わりってことで、今年自分の中で印象に残っている海外のアーティクルやサイトをメモっておく。来年の今頃見返してみたら、ちょっと面白いかもしれないとかそんな感じで。まぁ、ほら素晴らしいまとめは他にあるしね ;-)。とりあえず、何も深く考えずにパッと頭に浮かんだもの 5 つ。

Introduction - In search of the One True Layout

CSS フレームワークだなんて言われていたりもしていたけど、CSS でも複雑なマルチカラムのレイアウトが作成可能だって事を証明したアーティクルだった。マルチカラムなレイアウトを作成したい場合は、一度目を通しておいた方が良いかも。素晴らしいの一言。

Content with Style: Playing Nice with the Other CSS Kids

CSS コードをインデントさせるアイデアってのを最初に見たのがこのアーティクル。Maintainable CSS として、他にも CVS を使ったバージョン管理など自分的に新しい発見があった。維持・管理しやすい CSS を作成したい時に参考にできる物がある。

24 ways

webdev な人たちが日替わりで投稿していた。どういう企画で立ち上がったのか知らないんだけど、タイミング良く 12 月 1 日の day 1 から追う事ができた。Ajax あり Microformats あり CSS ありと広範囲に渡って投稿されていった。投稿者の中で知っている名前は 5 人くらいしかいなかったけど、多分、全員それなりに知られている人たちなのかな、分からんけど。まだ、未見であれば一度目を通しておくことをお薦めする。ちなみに、24ways なだけに 24 日の day 24 で終わったっぽい。

456 Berea Street | Articles and news on web standards, accessibility, and usability

特にこのアーティクルがって訳ではないけど、自分がキャッチアップしきれていないものをここで目にすることができた。注目されている事や話題になっている事なんかをコンスタントに取り上げてくれるんで、今後もチェックし続けて行きたいサイトのひとつ。

Internet Explorer 5 for Mac

マック IE のサポートと配布終了のアナウンス。今となってはアレなマック IE だけど、このブラウザは間違いなくモダンブラウザの先駆けであったわけで、いざこういう状況になってしまうとなんか寂しい気がする。まぁとりあえずお疲れさまでしたと。

以上の 5 つ。もちろん、他にも素晴らしいものや、印象深いものがあったのは間違いないけど、拙サイトで取り上げていなくて、悩まずに挙げられたのがこれら。さて、来年はどんな年になってどんな興味深いアーティクルに出会えるか、楽しみだ :-)

この記事についての情報

似た内容の記事

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: http://www.lucky-bag.com/mt/mt-tb.cgi/51

Comments