コンテンツと広告

ITmedia ライフスタイル:テレビコマーシャル時代の終焉 (1/3)

視聴者にとって興味のないテレビコマーシャルは邪魔なだけで、広告に対しての考え方を変えていかなければいけないとうお話し。対照的に、ウェブでの広告ってコンテンツと全く関係のないものではなく、少なくともサイト管理者(作成者)が選んだものや、記事内容に沿った広告が表示されていたり、もしくはインフォマーシャル的な使われ方をされていたりもします。ユーザーにとっては広告によって画面の一部を占有されるだけで、興味があればクリックをするし、興味がなければ見向きもしないのでしょう。一方、テレビコマーシャルは番組制作者が意図して選んだコマーシャルでもなく、興味があろうと無かろうと15秒、30秒と強制的に見させられる。まぁ、その間トイレタイムに活用される訳ですが。テレビも全面的に地上波デジタルに切り替われば、コマーシャルの形も変わっていくのかもしれません。

この記事についての情報

似た内容の記事

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: https://www.lucky-bag.com/mt/mt-tb.cgi/313

Comments