厳しい世の中です

朝、電車の中吊り広告で何となく目にした「WEDGE」の「SE、プログラマー150万人 大失業時代がやってくる」っていう仰々しいタイトルが頭に残っている。読んだ訳ではないのですが、マンパワーがインドや中国に劣っているって事らしい。IT土方とか言われたりもして、人ごとながら大変そうです。

以前、某生保会社の情シスで協力会社として2年弱ほどお手伝いさせて頂いたことがあるのですが、そこでお世話になったSEの方はスゲェ人でした。リーダーシップ、判断力、実行力、話術、そして短気(笑)。仕事したくねぇとか言いながらやる時はやるし、仕事をやるにもちょっと遊び心を取り入れて、楽しく仕事をしようとする人でした。結構かわいがってもらって、今でも飲みに行ったりするのですが、あの人が独立するって言うんなら、迷わず付いていくのになぁ。そういや、プロジェクトマネージャー目指して勉強してたけど、どうなったんだろ。

この記事についての情報

似た内容の記事

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: https://www.lucky-bag.com/mt/mt-tb.cgi/308

Comments

スバル said:

>> マンパワーがインドや中国に劣っている
こんなこと心配してる場合ではないんですけど、私も最近凄いこのこと心配してます。

中国とかの教育って凄いんですよね?

日本みたく、「詰め込み」も中途半端、「発想力を磨く」も中途半端な教育してたら、その内日本終わるような気がするんですけど…。

どうにかならんのですかね…この腐った教育体制。

e-luck said:

中途半端な教育っていうことでは、結構体験してたりします。
僕は帰国子女で、小5位に3年ぶりに日本に帰ってきて、その当時は英語に関しては読み書きバリバリ出来てました。が、中・高の英語教育に毒され、見事に平均的な英語力に成り下がりましたよ。

結局日本では、個人の得意分野なり能力なりを見極めて伸ばすという教育者をまず育てなければいけないのでしょう。その上で、能力を伸ばすカリキュラムのスキームを作っていけば良いのではと思うのですが。

水準が高い低いは別として、日本の教育は平均的な人間を造ると言う意味では秀でていますがね(笑)

strife said:

スバルさんとe-luckさんの会話を見て、
う~ん、なるほどって思わずうなずいてしまった。

特に、
>日本の教育は平均的な人間を造る
というところは、大納得。日本人は良い意味でも悪い意味でも
仲良しこよし過ぎです。就職セミナーまで、それですから。
意識の低さが感じられて残念なところです。
1人で行動することが全てではありませんが、
1人で行動できるようにならなければならないと思うのですが・・。
成長を考えれば、かわいそうなことです。

e-luck said:

>strifeさん
遅レスですが、1人で行動するって確かに大事ですよね。色々な人の意見・考えを自分なりに吸収して答えを出した上で行動に移す。そこで、自分一人ではどうしようもない時に、助けてもらったり、助けたり。そうやって成長して行くのが理想的なのかなって思います。
ちなみに、「SE、プログラマー150万人 大失業時代」これに関したキーワードで検索して訪れる人が、かなりいらっしゃるのですが、やっぱり関心があるのでしょうかね。