トラックバックに思ふこと

ここん所、ちょこちょこと「このサイトについて」に書き加えている。なんで、こんな事を明記しなきゃいけないのって思ったりもするけれど、ウェブ上に公開していると言う事は、顔が見えない全くの他人のサイトとハイパーリンクによって繋がっていく訳で、そんな中、当然人それぞれ解釈が違ってたりするのは、まぁ当然と言うか、要はなんかあった時は、「ちゃんと書いてあるっしょ」って一蹴出来るのが一番の理由(笑)。

リンクに対する考え方

僕なんかは、他のサイトにリンクして頂いても全く連絡して頂く必要は無いと思っているんですが、人によっては「何一言も無しに勝手にリンクしてんだ、ゴラァ!」って思う人もいる。例えば、あるサイトでスゲェ便利な情報を得たとして、自分のサイトでその記事を紹介したとすると、人によっては「何でトラックバックしねぇんだ」または「紹介させて頂きましたコメントしとけや」って思う人もいる。

トラックバックに対する考え方

こういう問題は、トラックバックで顕著になる。このトラックバックってのは非常に便利なのだけれども、使用方法と言うかマナーみたいなモノが確立しないまま昨今のブログブームの勢いに乗って乱発されてしまっている(お前もブームに乗ったんだろってツッコミはなしで)。今から正式な仕様を提唱したとしても、違う考えを持っている人からすれば「何でトラックバックの可能性を狭めてしまうのか」って思われるのだろう。

最近驚いたのが、あるサイトがトラックバック500コ打ったとか、今度は1,000コに挑戦するとかってのを目にした時。ある情報に関連するサイトをググって、トラックバック連発すれば情報収集のために便利。そのためにトラックバックを使って何が悪いのってことらしい。そこの管理人曰く、自分は一応全てのサイトに目を通した上で、トラックバックをしているとの事。そのサイトのコメント欄を見ると、その考えに賛同している人が結構いたりして、これまた驚き。ホント、考え方は人それぞれです。

僕のトラックバックに対する考え方

僕がエントリを作成する際にトラックバックをする・しないの判断は以下の通り。これは、あくまで僕の考えであって、これを強要するものではありません。

面白い記事、または役立つ記事の紹介
トラックバックはしない。この場合は、リンクするにとどめる。なぜなら、トラックバック元の閲覧者がトラックバック先(この場合は当サイト)を見に行っても、これは便利だぜって事しか載っていないので、得るモノがない。
ある記事に対する補足・反論・違う考察をする場合
トラックバックする。尚かつ、そのサイトへリンクもする。これにより相互リンクが発生し、トラックバック先・元の両方の閲覧者にとって有用なリンク集が出来上がる。トラックバック元の文章を解りやすく噛み砕いて説明する場合もこれに当てはまるかもしれない。
ある記事の文章を引用する場合
これは、上記二つの考え方によって分かれます。どちらにしろ、引用元を明示するようにし、 blockquote 要素の cite 属性によってURIを記述しています。

見て頂ければ分かる通り、僕は閲覧者にとって有用かどうかでトラックバックをするかしないか判断します。人によってはこの考え方に賛同出来ない人もいるでしょう。しつこいようですが、これはあくまで僕の考えであって、皆がそうすべきだと強要している訳ではありません。また、当然の事ながら、トラックバック情報を削除する権利が管理者にはあるので、不快であれば削除すれば良いでしょ?ってのは分かるのですが、余計な負荷と不毛なリソースの消費はどうなのよって思ったりもします。

この記事についての情報

似た内容の記事

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: https://www.lucky-bag.com/mt/mt-tb.cgi/220

CROOK - [雑記] トラックバックの存在意義って何ですか (2007年4月16日 19:43)

めぐままの育事日記 - 妙な観察日記を書く人のキモさ この日記のキモイのは、わざわざ当事者のブログに勝手に直リンして、自分の感じたことを表明しているとこ... 続きを読む

Comments

もそ said:

はじめまして、こんばんは。
トラバについての考えかた、すごくよく分かる気がします(スタンスは違いますが)。
私も最近トラバについての考えをupしたばかりなんですけど、そこに付けられているコメントを読む限り、本当に人によって様々な考え方があるんだなぁ、と思わされました。

本当はMySQLのバックアップの方法を参考にさせて頂いたお礼を書こうと思っていたのに、全然違う事書いちゃいました(笑)。
あとでまたトラックバックさせて頂くと思いますので、その時はよろしくお願い致します。

あと、BlogPeopleでリンク張らせて頂きました。事後報告で申し訳ありません。
また立ち寄らせてください。

e-luck said:

はじめまして、もそさん。
何となくリンクと言うものに対する考え方と通じるものがあるように思います。
海外の場合は、リンクなんてのはご自由にって感じなんですが、日本の場合は一言入れてからリンクするのがマナーみたいな風習がウェブが広まった当初からあったように思います。
日本独自のリンクフリーなんて言葉もありますし、そういった感性(民族性みたいなモノ)からすると、トラックバックに対しても、日本人の場合は凄く重く考えてしまっているのかも知れませんね。深く考えすぎだYOって。
ちょっと、もそさんのエントリも見させて頂きます。

リンクの報告の件、全然大丈夫っす。こちらも登録させて頂きます:-)